美肌になりたけれは、適切な方法で顔を洗う習慣をつけましょう。お肌を傷めることなく、こびりついた化粧汚れや、油汚れを落とすためには、まずどんな洗顔が肌にいいのかを理解することです。洗顔で美肌になりたいという場合は、洗顔料を手のひらの上で泡立てて、きめ細かい泡をたっぷりつくりましょう。しっかり泡立てることにより、肌に指が直接触れることや摩擦を防ぐことができます。洗顔時の肌への刺激を少しでも抑えることができるので、毎日の洗顔時には気をつけるようにしましょう。人間の皮膚は薄くデリケートなので、外からの刺激でも簡単に影響を受けます。顔を洗う時は、泡で顔全体を優しくくるむよにつけていきます。大体32℃くらいのぬるま湯を用意しておいて、洗顔後の顔をすすぐ時は適温で洗い流します。大体30℃くらいの熱をかけると、皮膚にくっついていた油分は洗い落とせますので、すすぎ用の湯は30℃くらいで事足ります。洗顔に、熱い湯を使うと、皮膚を覆っている本来必要な油分までが、湯に溶け出してしまうことがあります。皮膚には、肌の水分保持や外部からの異物が侵入しないようにするバリア機能があります。きれいにしようと意識して洗いすぎると、肌のバリア機能が低下してしまうので、洗顔は1日2回までにすることです。肌をごしごしと洗っていると、肌が持っていたほうがいい皮脂成分や、保湿成分を洗い落としてしまうので、気をつけましょう。